ぶどうロゴ

ぶどうの果皮に白い粉が着いている場合がありますが、
これは果粉といって、果物自体の水分が蒸散するのを
防ぐほか、新鮮さを保つ働きをしています。
ぶどうの有機酸の主なものは、酒石酸とリンゴ酸が
中心でその他に、クエン酸などが含まれています。
また、食物繊維、ペクチンも含まれ、鉄、ナトリウム、
カルシウム、カリウム、マグネシウムやビタミンB1、B2、
B、Cなどミネラルやビタミンが豊富に含まれています。
そのため、疲労回復、利尿作用、不眠症、
呼吸器病(気管支炎、喘息)に効果があると
いわれています。 
ぶどうは、果物のなかでも特に甘味が多く、
みかん・なし・ももなどに比べて約1.5倍の糖分が
含まれていますが、酸も含まれており、バランスの
良い甘味になっています。一般にぶどうは房の上に
近いほど甘く、房の先の方や内部の芯に近い部分は
甘味が薄くなっています。したがって、房の先の
粒を食べて甘ければ、その房全体が甘いといえるでしょう。


ぶどう写真

                       INDEXボタン    BACKボタン    NEXTボタン