宇治市の風景(世界遺産の宇治上神社・平等院)
写真を見たい方は写真をクリックしてください。
また、戻る場合はブラウザの”戻る”ボタンで戻って下さい。

仕切り線
宇治上神社   宇治上神社(世界遺産)
  祭神は、応神天皇と兎道稚郎子(うじのわきいらつこ)命、仁徳天皇を祭る。
  また、宇治神社と2座あり、こちらを上宮・本宮という。本殿は、平安時代に
  建てられた現存するわが国最古の神社建築です。

  
仕切り線
宇治上神社
  宇治上神社の世界遺産の証明
仕切り線
平等院正門   平等院正門
仕切り線
平等院の庭   平等院の庭
仕切り線
平等院   平等院は11世紀の中ごろ(西暦1052年)藤原氏の全盛期に宇治関白頼通公
  が、父道長公の別荘を改めて寺院にしたものです。
  鳳凰堂は西暦1053年に建立された阿弥陀堂で平等院創建当時の唯一の建物
  です。

仕切り線
平等院鳳凰堂2   平等院鳳凰堂2
仕切り線
平等院鳳凰堂3   平等院鳳凰堂3
仕切り線
平等院鳳凰堂4   平等院鳳凰堂4
仕切り線
平等院鳳凰堂5   平等院鳳凰堂5
仕切り線
インデックスボタン[トップへ戻る]